育毛剤の効果とメカニズムとは

育毛剤を使用することによって毛髪が増えるのか、抜け毛予防に繋がるのかと言った効果の予想は出来ていても、実際にはどのように効果が現れるのか、主要な効能などについてはあまり語られることが無いのです。
では、育毛剤は本来どのような効果が期待できるものなのでしょうか。
まず、育毛剤はその名の通り、毛髪を育てるために使われるものです。
育毛剤を使うことによって髪の毛の量が増えると言うわけではなく、あくまで現在生えている毛髪に対して力強い成長を促すものであり、発毛に関しては専用に発毛剤と言う物があります。
また、特に最近では露出の多い育毛シャンプーですが、こちらは頭皮の環境を整え、余分な皮脂を洗い流す、頭皮が栄養を吸収しやすい土台を作ると言うことに特化していることから、育毛剤と同一のものと言うわけではありません。
育毛剤の主たる効果は頭皮に対して有効な栄養素を浸透させることによって頭皮、毛髪に十分な栄養を与え、育毛を促すと言うことになります。
まずは育毛剤の主成分である血行促進成分が頭皮に浸透することにより、頭皮に集中している毛細血管にまで血液が流れるように刺激を与えます。
育毛剤は最初に血行を促進させることで頭皮が栄養を受け取れる状態を作っていくのです。