FXでリーズ・アンド・ラグズはどのような時に利用される?

リーズ・アンド・ラグズがどのような時に使われるかというと、外国為替に関わりがある海外からの輸入業者などに良く利用されているようです。
たとえば、輸入業者がアメリカドルという海外通貨建ての債権をたくさん持っている場合、1ドル=100円の時に債権を受け取るよりも、円高が進んで1ドル=80円の時に債権を受け取った方が大きな利益につながりますよね。
もちろん、円高になるのか円安になるのか、外国為替のトレンドを知らなければリーズ・アンド・ラグズを行なってもあまり意味はありませんから、リーズ・アンド・ラグズを行なう際には近い将来の外国為替トレンドを研究しておく事が必要になります。
リーズ・アンド・ラグズは輸出入の業者に限った事ではありません。